しっかりとお肌の状態を伝える

2016.6.30|セルフケア

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

38-01

残り少なの刺激だったとしても、お肌のバリア機能が比較的薄弱敏感肌の人というのは、すぐに肌トラブルを引き起こしてしまうことになります。どんな時にトラブルを引き起こしやすいのか、きちんと自分の肌の状態を伝え、敏感肌だったとしても安心安全に使用出来る化粧品で施術をしてもらいましょう。

このような施術の安全性をチェックする目的だけではなく、カウンセリングというのはエステティシャンとのコミュニケーションをとって信頼性を築くという目的もあります。カウンセリングと言いましても「初対面の人といきなり会話をするのは苦手だな」と考える必要はありません。

サロンで行われている事前のカウンセリングというのは、安心安全な良質なエステを受けるために非常に大切なこととなります。サロンに通ってフェイシャルエステを利用する時、最初に行うこととなるのが「カウンセリング」です。

自分に合った施術方法でエステを受ける為にも、きちんと正しくお肌の状態を伝えるようにしましょう。自然粧品、無添加化粧品、医薬部外品、医薬品などといった化粧品の種類、そしてどのような成分の化粧品を使用するのかをきちんと確認しておきましょう。

お肌がかぶれる、荒れやすい、また発疹やかゆみの症状が出ることがあるといった敏感肌の人の場合は、折り入って念入りなカウンセリングをする必要があります。化粧品はもちろん、施術に使用するタオルに対しても気遣いをしているサロンも多くあります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。